手漉き 「天祥雲」の襖・大阪府岸和田市

手漉き「天祥雲」の襖・大阪府寝屋川市

手漉き 「天祥雲」の襖昔ながらのお家には風格のある手漉き和紙の襖紙がよく似合います。元々から、手漉き和紙の襖紙や高級な紗のふすま紙をご利用のお客様です。目が肥えたお客様がお選びになったのは、やはり「越前手漉和紙」の襖紙です。
この「天祥雲」は、ほんのりと黄色みがかった大礼紙(繊維痕のある和紙の名称)の裾に青みがかった紙料を沸き立つ雲のように漉き込み、その上から金粉で雲の柄が漉き込まれたふすま紙です。この襖紙の柄は2枚組。その2枚組の紙を四枚立ての襖に貼り込んでいます。他にも「ひっかけ」という技法をつかって菊の柄を施した手漉き和紙の襖紙、緑色に色付けをした紙料と銀粉で連なる山並みと山にかかる靄のような雲を表現した手漉き和紙の襖紙、と三種類の紙を使って張替をさせていただきました。どっしりとした風格を現しながらも、上品なふすまとなりました。

手漉き 「天祥雲」の襖 手漉き 「天祥雲」の襖 手漉き 「天祥雲」の襖 手漉き 「天祥雲」の襖
【手漉き「天祥雲」の襖】*すべて張替 
襖骨:既存品/上質下貼り(楮和紙使用) 引手:赤銅花菖蒲/フチ:既存品
紙 :越前手漉き和紙/天祥雲・光和・悠遠
▼ CONTENTS 施工例のページへ
以下、タイトルボタンをクリックして頂くと「施工例メニュー」が表示されます